Re・リノベーション

なんて、大した話でもないのですが…笑

新たなご入居者さまのための恒例行事、それが壁・天井の再塗装です。5月に募集を行った3-401号室では、微妙に配色の手直しを行っています。

ドアの木枠と幅木(床と壁が接する部分の横木)を壁と同色に統一し、以前より空間が整理された印象に。また白色自体を前回よりも輝度の高い塗料に変更したため、全体的に明るくなっています。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、細かい部分の積み重ねが、空間の印象を生み出すように思います。