MUJI infill:ドアノブなど販売開始

無印良品のネットストアを覗いていたら、MUJI infillの取り扱いスタートに気付きました。ドアノブ・ハンドル以外にも、タオルバーやペーパーホルダーなど、住まいの設備に寄った製品がオンライン販売開始されるようです。

MUJI infill http://www.muji.net/store/pc/user/campaign/campaign080516_02.jsp
MUJI infill ドアノブ

MUJI infill レバーハンドル

実はドアを作ると、意外にコストが掛かります。ドアには当然ノブやハンドルが必要なのですが、これが今イチ良いものが少ない。色々凝ったものはあるのですが、「もっとシンプルで普通のがいいんだけど…」と探して「おっ」と思うと意外に高いという 笑

メジャーなメーカー品でも悪く無いものはあるんですが、どこか惜しい感じが否めなかったりするんですね。このハンドルもMIWAのOEM(他企業ブランドに製造した製品)のようですが、恐らく色を付けずに素材感を出し、販売されているのではないかと思います。

以前から販売されている家電も、幾つかを除き家電メーカーの中身に無印良品の「顔」をつけて販売されていますが、潜在力のあるものを磨いて価値を付加するというのは、リノベーションとも通ずる考え方ではないでしょうか。

これからは建材分野でも、無印良品によって選択肢が充実されれば嬉しいですね。