椅子に座ったままの散歩

秋の夜長。椅子に座ったままで、散歩を楽しんでみてはいかがでしょう?
見慣れた東京の風景から、その魅力を改めて気付かせてくれる映像をご紹介です。

TOKYO CRUISE 2009

egawauemonさんはグラインドカム(歩きながら撮影してもブレが起きないようにする機材)を使用し、東京のさまざまな場所を撮影されています。

この『TOKYO – CRUISE 2009』は、その総集編のような内容。新宿や渋谷、上野や秋葉原、浅草の風景がカットで繋がれていきます。文章だと途中で飽きてしまいそうな内容に思われるかもしれませんが、どこか不思議な感覚で引き込まれてしまう映像です。

夜のゆりかもめ

cat2525jpさんはBGM選びも含め、クールテイスト。主に投稿されているのはドライブ時の車視点映像ですが、『夜のゆりかもめ(新橋→豊洲) 01』は電車からの視点で東京を切り取ったもの。現在の風景にも関わらず、何故かとても未来的な雰囲気です。

車視点映像の中では、グッときたのが朝と夜とで違う顔を見せる首都高。ビルの森を縫う様に建てられたそれは、海外からの帰路、東京へ戻ってきた事を自分が強く実感する場所でもあります。

東京スキャナー / 東京静脈

こちらの2つは六本木ヒルズのオープニングイベント「世界都市展」で初公開された映像作品。『東京スキャナー』はハイビジョンによる空撮で、数千メートル上空から地上の人の顔が分かるぐらいまで一気にズーム。『東京静脈』は神田川からの視点で東京を流れ見る内容となっています。