加湿器選び

Kazのシンプルと言うか、ちょっといなたい加湿器を使っています。なんだか保健室っぽい感じがする加湿器ですが、白バージョンの画像を作ってみました。
Kaz 加湿器 ホワイトバージョン
やっぱり、この微妙なピンク色のいなたさが良いのかもしれません 笑

見た目通り、電源スイッチも無い程に構造も単純です。水も入れやすく不満は無いのですが、買い増しの加湿器選びに悩んでいます。

調べてみると加湿器と一口に言っても、いろいろと種類があるようです。

スチーム式加湿器
容器に水を入れ加熱し沸騰させ水蒸気を放出
○ 単純構造なので壊れにくく、安価。沸騰させるので細菌が放出されず衛生的。
× 電気代。加熱するので蒸気が熱い。

気化式加湿器
風を吸水フィルターに当て、空気中に水分を飛ばす
○ フィルターが雑菌を吸着するので衛生的。電気代の安さ。
× ファンの騒音。風が冷たい。本体価格。加湿フィルターの手入れ、交換が必要。

ハイブリッド式加湿器
スチーム式と気化式の機能を合体
○ スチーム式と気化式のいいところ取り。電気代、加湿量ともに中間。
× 本体がやや高め。フィルターの手入れ、交換が必要。

超音波式加湿器
水に超音波の振動を与え霧状にする
○ 加湿量が多い。音が静か。電気代の安さ。
× 霧の粒が大きく部屋が濡れる・カルキの白い粉が飛ぶ場合がある。
  加熱しないのでカビなどの雑菌がタンク内に溜まりやすく繁殖率が高い。

(※超音波式の雑菌問題はフィルター等で改善された物が多くなった様です)

どの方式も一長一短ですね。

下は時計回りに、無印良品・TAKUMI Chimney3・±0 プラマイゼロ。
無印良品・TAKUMI Chimney3・±0 プラマイゼロの加湿器
次は機能も良さそうなSANYO。国産家電メーカーの中では良いデザイン。本当は国産家電メーカーで、すっぱり決めたいんですが…。
SANYO 加湿器
無骨なデザインがドイツらしいVENTA。機能も良いようですが、専用液がちょっと高いんですよね。
VENTA 加湿器