サイロをリノベーションしたマンション

寂しい風景に建つ、寂しい建物。これはデンマークに数多くある、使われなくなったサイロ(家畜の餌・セメント・穀物などを貯蔵する塔状の倉庫)だそうです。

これを生き返らせたのは、 C. F. Møller Architects / Christian Carlsen Arkitektfirma のチームによるリノベーション。

あれほど寂しげだったサイロが、すっかりモダンな建物になりました。

積み上げたレゴブロックを思わせる外見の中には、全て違うデザインの住宅21戸。共有のルーフテラスも備えているとのことです。

via. Inhabitat – Abandoned Industrial Silo Becomes Beautiful Residences in Denmark
関連記事 : 給水塔のリノベーション住宅