「普通」ということ

無印良品 ゴムウォールクロック
SEIKO スタンダード・アナログ・クロック
時計の絵を描け、と言われたら多くの人が描きそうな普通のデザインです。

上は無印良品、下はSEIKOの時計。

似たようなデザインでも値段は大分違いますが、どちらの方が見やすいと思いますか?ぱっと比べると、SEIKOの方が素直に時刻が目に入ってくるのではないでしょうか。

実は中心の針付け根根の丸い部分にボリューム感を持たせてあるので、時計を見た時に中心からピントが合い、時刻が読み取りやすくなっているのです。

これは深澤直人氏デザインの時計なのですが、この時計が生まれた「普通」がテーマの企画に寄せてコメントがありました。

「スタンダードを極めるということは、人々が思い描く時計らしい姿、長く持ち続けたいと思うような飽きのこない時計をつくり込むことであることがわかってきました。その暗黙のかたちを探り当てる作業は、人々の日常の様々な事象から割り出されるものでもあります。スタンダードとは、異なる心が想い描く、ずれのない輪郭線なのです。」

誰も特に気にしない、派手なデザインでもない普通の日用品。ずっと生活の中にあり、消えなかったという事実はなんらかの美しさの証明なのかもしれませんね。

私たちも、そんな「普通」の部屋をリノベーションによって皆様にご提供できたらと思います。